16f561a9a0e966ea493852dc83cbc5ca_s

年末は何か行事が多く、忙しい日々が続きますね。

子供にとってはとっても楽しい時期でもありますが、私たち大人にとっては、大忙し(汗)

お正月のような神様や伝統的な行事は、実はあまり知らなかったりします。

もしくはその都度忘れてしまったり・・・

なので今回は、今さら人には聞きにくい、正月飾りをいつまで飾ったらよいのか(飾る時期)正月飾りの処分法について、完結にサクサクいきますので是非お役立てください!

正月飾りの設置期間

4395d0a75f37b30d116836058f1e1899_s

飾り付ける時期

12月13日~28日までの間に飾り付けるのが一般的

また、飾り付けるのを避ける日は

  • クリスマス
  • 29日(二重苦、苦松)
  • 31日(一夜限り、一日飾り)

この日に飾り付けることは、神をおろそかにするということになるので、避けるべき日になっています。

片付けの時期

現在では翌年1月6日の夕方~7日が一般的

松の内の15日(小正月)まで飾るといのが伝統的らしいのですが、現在は上記の日で片付けてしまうのが一般的となっているようです。

特に関東では7日が多い様ですが、基本的には地域によって違います。

 正月飾りの処分

0437b34b6a2cedb6e5cc57046eb13f13_s

正月飾りの処分方法ですが、大きく分けて2つです。

  1. 神社でお焚きあげしてもらう(一番良い方法)
  2. お清め後燃えるゴミに出す(神社でお焚きあげ出来ない場合)

以下補足説明 ↓  ↓

1番について

神社でどんど焼きが行われている場合はそこへ持っていき、お焚きあげしてもらいましょう。

通常は15日に行われているはずです。

しかし先にも述べているように、最近では地域により片付けが7日になっているところも多いですので、一度行われている日にちは問い合わせてみた方が良いと思います。

2番について

ゴミとして捨てる場合は、

  1. 紙の上に置いて、お清めの塩を(左、右、中央)とふり紙で包む。
  2. 一般のゴミとは別に袋にいれて処分をする

という風に処分をします。

最後に・・

2144bbdb0662fa26b335f44e9ad4bd69_s

いかがでしたか?

ちょっとサクサク行き過ぎましたかね笑

年末年始はバタバタですが、しっかり骨休めもして、あなたにとって新しい年がいい年になるように願っています!

年末年始に関する事を他にも情報発信していますので参考に読んでみてください!
↓     ↓     ↓     ↓