2b6bfff4bd3dce90b9bcee94bfbd1273_s

今回は節分についてお話していこうと思います。

私は節分は今までの人生の中で、そこまで意識せず過ごしてきました。

何故かと言いますと、年末年始から結構イベントが続くじゃないですか。

クリスマス、お正月、(成人式)、その後にはバレンタインなど・・・・

なので、イベント疲れといいますか、特に豆まきを必ずするということもなく毎年過ごしていました。

しかし年を重ねるたびに家庭によっては節分はスルー出来ない状況もあると思います。

むしろ、日本人なら伝統の日本行事の節分をしっかりやらないといけないのはわかっています・・・

結婚して嫁にいった先が節分をしっかりやる家庭だったり、子供で豆まき楽しみにしている子もいるでしょうし、今回は状況によっては外せないイベントの節分についていい機会なので、しっかり勉強することにしました。

私が勉強したことをみなさんにシェアしますので、節分や豆まきの由来から、豆まきの仕方、作法まで、一緒に見ていきましょう!!

節分とは?由来は?

節分とは、読んで時の如く、季節の変わり目のことです。

各季節の始まりは、

  • 立春
  • 立夏
  • 立秋
  • 立冬

と言われてますよね。

この季節の始まりの前日が節分ということになります。

と、いうことは、節分が年に4回あるといことにお気づきですか?

そうです。節分は正確には年に4回あります。

何故2月3日の節分だけピックアップされるのか?

1年の始まりとして一番重要な境の日だからという理由みたいです。
要は立春が1年の最初という意味と捉えていた訳ですね。
ということは今で言うと、

2月3日の節分は大晦日で立春の2月4日は正月的な位置付け

だったということです。

他にも、冬というのを鬼に見立てて、その鬼(陰気な冬)を退散させ、いち早く陽気な春へと移って欲しいという理由もあるみたいです。

豆まきの由来

567bcc4aea02bd393ba05201ef00d1e0_s

豆まきの風習の由来は、中国から伝わった追儺(ついな)と呼ばれる儀式からだと言われています。

追儺(ついな)とは、災害や疫病などをもたらす悪い鬼を豆を使って追い払う儀式のことです。

その儀式が日本へ遣唐使によって持ち込まれて宮中の行事として大晦日に行われていたようです。

上記で書いたように、節分=今で言う大晦日の位置付け、といことがうまくつながりますね!

そしてgoo辞書によると、

「まめ=からだのじょうぶなこと。また、そのさま。健康。」

という意味があるみたいです。(普段使用している人は普通のことかもしれませんが)

よって、ここでいう鬼とは、「目に見えない、人に災害をもたらすもの」であり、つまり、冬の寒気や病気のことを指しているようで、上記の意味の「まめ」というのを語呂合わせで豆(健康)を使用し、鬼(寒気、病気、災害)を追い払うという儀式ということになります。

恵方巻きの由来

節分に恵方巻きを食べるというのは豆まきと同じくらい普通に行われていますが、元々この風習は商売繁盛と厄払いの為に江戸時代の終わりの時期に大阪船場の商人によって生まれたものです。

今現在は福を巻き込む等の意味合いから、恵方巻きを食べているのですが、最近では、先に述べたように、節分が実は4回あるという事実を売りに、5月は春の恵方巻き、8月は夏の恵方巻き、11月は秋の恵方巻きなどと称し販売促進する傾向になっています。

節分もクリスマスやバレンタインと同じく商業的イベントになっているんですね。

しっかり商売繁盛の由来がそのまま残っている形といえますね。

豆のまきの仕方、作法

d0a3be15b7cde050fc572b8cb7f873d0_s

これはどうやら地域によって差があるようあので、代表的なやり方を記します。

1. 豆(炒った豆)を升に入れて神棚に置いておく。(地方によっては、まいた後もたべれるように落花生を用いることもある)

2. 鬼は夜に来ますので、夜に家族が揃ったら豆まき開始です(まく人は家族全員でいいと思います。)

3. まず窓を開けて、掛け声の「鬼はー外!」と同時に窓から豆をまきましょう!

4. まいたら窓を閉めて、家の中に「福はー内!」と言いながら、室内に豆をまきましょう!

5. 順番にまいて、最後は玄関を開けて、「鬼はー外!」。閉めて「福はー内!」です。(まく回数や掛け声などは地域によってかなり違うみたいですね。私がやっているのは鬼は外2回、福は内2回です。)

6. 最後に自分の年齢(満年齢)の数だけ豆を食べます。(地域により、1つ多く食べたり、2つ多く食べたりするところもあるようです。

b30030c2b620d933a8c99aae53864db8_s

最後に・・

節分の由来、豆まきの由来、仕方、作法について簡単ではありますが、勉強したことをシェアさせてもらいました。

私自身も節分について勉強なり、節分に対する見方が変わりました汗

節分は正月と同じ1年の節目ということを頭に入れておきます。

こういった行事は地域差がかなりあるので、色んな地域の節分も調べてみたら面白いかもしれませんね!

次の行事はバレンタインですね!

バレンタインの記事もありますのでよかったら参考にしてみてください!

バレンタインの関連の記事はこちら↓↓↓
バレンタインの男の本音と気持ちを暴露!告白タイミングとは?
バレンタイン甘いものが苦手な彼氏に何をあげる??
バレンタインに下着をプレゼントするのはあり??