pp_shikakuipost500-thumb-750x500-247

年賀状を郵便局にいつまでに出せば、元旦の1月1日に届いてくれるのか。

今回はこのテーマで少しお話したいと思います。

年末の時期忙しなくお過ごしのことと思いますが、あまりの忙しさに年賀状を出すのが遅れたなんてことがないように、ここでしっかり、頭に入れておいてくださいね(・∀・)

年賀状を郵便局にいつまでに出す?

PPS_mukashinoyuubinpost500-thumb-500x750-494

年賀状を元旦(1月1日)に届けて欲しいのなら12月25日までに年賀状を郵便局に出しにいきましょう!

正確には、

「12月15日~12月25日の間」

になります。

みなさんいつまでに年賀状を出せばいいのか聞かれる方が多いのですが、少し違います。

早すぎても、今年中に年賀状が届きますw

なので、こんなヘマをしないように、年賀状を出すのは15日以降にしましょう!

年賀状を元旦に届ける為の注意点

注意点①

ポスト投函の場合は、当たり前ですが、25日の回収前までに投函しなくてはいけませんので、ポスト投函される場合は、24日までに投函するということを意識しておいた方が確実です。

しかし、そういう期日物はやはり郵便局の窓口へ直接持っていく方が安心すると思います。

私は確実性と安心感を得るために毎年郵便局の窓口へ24日までには持って行っています。

郵便局の窓口へ渡すときに私はいつも、

これ、今出したら元旦に届きますよね?

って、一言声を掛けるようにしています。

注意点②

元旦に届けたい年賀状を万が一25日までに出すことができなかった場合があるかもしれません。

これに対して郵便局は26日~28日の間に投函された年賀状も「出来るだけ元旦には届けるようにします」ということになっています。

これは信用してはいけませんw

郵便局が悪いと言っているのではなく、年末の忙しい時期なのに、郵便局員の余裕はありません。

なので、郵便局は猶予を設けてくれていますが、それに甘えることなく、元旦に年賀状を届けたいのであれば、必ず15日~25日の間に投函するようにしましょう!

注意点③

上記にも書きましたが、年賀状の投函日は必ず15日以降にしましょう!

せっかく早くから用意して、しっかり準備してきた年賀状が、今年中に届いてしまって大失敗なんてことにならないよう、早めに用意した人はもっとも注意が必要です。

焦らず、15日を待って投函しましょう。

まとめ

d211a1d352793e41d6e41155784dbe32_s

  1. 年賀状を元旦に届けるには「12月15日~25日」までに投函する。
  2. ポスト投函を予定している場合は24日までと思った方が確実
  3. 12月15日より前に投函すると年内に届いてしまうので注意。
  4. 26日~28日も元旦に届けてくれる可能性は0ではないが、信憑性は薄い。元旦に届けたいなら、25日までに投函すること

上記4点をしっかり頭にいれた上で忙しい年末年始を乗り切りましょう!

その他、お役立ち情報はエンタメニュースTOPから!
お役立ち情報サイト「エンタメニュース」

下記に、人気の関連記事もありますのであわせて読んでみてください(・∀・)